労働・雇用

キーワード「労働・雇用」にタグ付けされたニュース・話題、イベントです。

ニュース・話題

社説:春闘スタート 賃上げの流れ中小にも

 歴史的な物価高の中、2023年の春闘がスタートした。労使双方のトップが賃上げを実現する方向性で一致しており、物価上昇を超える上げ幅になるのかが焦点。賃上げを大手企業だけでなく中小企業にも波及させ、経…

70歳以上が働ける企業、秋田県50・7% 全国2位

 秋田労働局が発表した2022年の高齢者の雇用状況調査によると、70歳以上が働ける制度のある県内企業の割合は前年比2・2ポイント増の50・7%となり、全国平均を11・6ポイント上回った。同局は、働く意…

社説:賃上げ目標5% 実質増実現で好循環を

 連合は2023年春闘の賃上げ目標を5%程度(ベースアップ分3%程度、定期昇給分2%)とすることを決めた。22年実績の2・07%を大幅に上回る。

湯沢市の経営相談、25年度まで継続 事業者への好影響評価

 秋田県湯沢市は13日、市の無料経営相談窓口「市ビジネス支援センター ゆざわ―Biz(ビズ)」の事業を2025年度まで継続することを決めた。開設以降、市内事業者に積極的な経営姿勢が芽生えたことなどを評…

社説:県職員の自殺 反省と再発防止の徹底を

 県職員が職務に関連し自殺する事案が続いた。県は事態の深刻さをしっかり認識し、二度と繰り返されないよう対策に万全を期さなければならない。

団交先送りは「不誠実な対応」 県労働委員会、函館の宿泊業者を不当労働行為認定

 秋田県労働委員会は4日、北海道函館市の宿泊業者が秋田市の労働組合との団体交渉の期日を引き延ばしたのは不誠実な対応だとして、不当労働行為と認定したと発表した。同労組には、同社が経営する横手市のホテルの…

秋田県が「リクルーター制」導入へ 職員の受験者増を狙う

 秋田県は31日、県議会決算特別委員会の総括審査で、若手職員が県の仕事に興味を持つ学生らと面談する「リクルーター制度」を11月中にも導入する考えを示した。学生らに県職員の仕事を具体的にイメージしてもら…

にかほで「半農半X」、都内の3人体験 リモートの傍ら農業

 農業とそれ以外の仕事を両立させる「半農半X」の試験的な取り組みが、秋田県にかほ市で行われている。都内の民間企業に勤める3人が今月17日から市内に滞在し、30日まで農作業を体験しながら、リモートで会社…

女性の活躍、官民で意見交換 秋田市で推進会議

 女性が活躍できる環境づくりを官民一体で進める「あきた女性の活躍推進会議」が26日、秋田市のANAクラウンプラザホテル秋田で開かれた。県や商工・経済団体などの代表者19人が出席し、女性活躍推進に向けた…

コロナ下での採用、目標の明確化と共有が鍵 人材と業務のミスマッチも

 副業・兼業人材を採用しても、経営課題の解決や目的達成が保証されるわけではない。新型コロナウイルス下では人材側と企業側の意思疎通が阻害されたり、営業活動に支障が出たりと、思わぬ事態に直面することもある…

イベント

該当するイベントがありません