文芸・文学・出版

キーワード「文芸・文学・出版」にタグ付けされたニュース・話題、イベントです。

ニュース・話題

芥川賞、直木賞と本県出身者 最後のノミネートは97年、新人に期待

 出版界最大級のイベントである第168回芥川賞、直木賞の選考会が先月19日に行われた。仙台市で書店員として働きながら芥川賞に選ばれた佐藤厚志さんをはじめ、受賞者や候補者の出身地では地元紙が大きく報じ、…

小坂出身の出版人・澤田伊四郎の功績を紹介 都内図書館で企画展

 東京・日比谷公園にある千代田区立日比谷図書館文化館で、「龍星閣がつないだ夢二の心」と銘打った企画展が開かれている。秋田県小坂町生まれの出版人、澤田伊四郎(1904~88年)が収集した大正ロマンを象徴…

聖霊高出の小山さん、旅エッセー第2弾出版 北米での姉妹2人旅描く

 秋田市の聖霊高校出身のエッセイスト小山優美さん(33)=東京都=が今月、エッセー「北米大陸てくてく放浪記 シストリ」をみらいパブリッシング(東京)から出版した。カナダ在住の妹・眞優さん(31)との姉…

頃は一月。いいな。白馬を見たり、お尻を焚き木でぶたれたり。詩人・最果タヒさんの連載「きょうの枕草子」⑤

清少納言は、最果さんが「百人一首」の歌人の中で、友のように惹かれた人だと言います。「枕草子」現代語訳、第5回は「第二段 抄」。清少納言の「一月」。七日に白馬を見ると邪気を追い払えるというジンクスがある…

「中島のてっちゃ」あんばいこう著:昭和史の一隅を照らす

 昭和30~40年代、秋田市に「中島のてっちゃ」と呼ばれた知的障害のある尺八芸人の男がいた。歓楽街を回り、尺八で門付けして日銭を稼ぐ“てっちゃ”を市民は愛し、「市長の名は知らずとも、中島のてっちゃの名…

古里の「義民事件」題材に小説出版 北秋田市出身の寺田良徳さん

 秋田県北秋田市坊沢出身の寺田良徳さん(72)=さいたま市=が、江戸時代中期に古里で起きた「五義民事件」を題材とした小説「冬の桜 坊沢村の義民と若き日の昌益」を無明舎出版から出した。「郷土のために懸命…

過去が恋しくなるもの。確かに届いたあの手紙が、奥からやっと出てきたら。詩人・最果タヒさんの連載「きょうの枕草子」④

清少納言は、最果さんが「百人一首」の歌人の中で、友のように惹かれた人だと言います。「枕草子」現代語訳、第4回は「第二七段 過ぎにしかた恋しきもの」。

理紀之助の随筆を子ども向けに 秋田市の歯科医師、現代語訳本を出版

 秋田市土崎港北の歯科医師佐藤正人さん(68)が、農業指導者・石川理紀之助(1845~1915年)の随筆の現代語訳本「ゆめのあと」(文芸社)を出版した。和歌や難しい語句に解説を付け、挿絵も自ら手がける…

「菻澤歳時記」赤川菊村編/佐藤金重、佐藤平治著:地主が記した農村の日々

 「菻澤(がつぎざわ)歳時記」は、秋田県金沢西根村(現美郷町)菻沢地区の豪農佐藤家の当主がつづった1883(明治16)年から1938(昭和13)年までの日記をまとめた一冊だ。5代目の金重とその娘婿で6…

由利本荘市出身の創業者、半生振り返る著書出版 会社経営、支えになった言葉紹介

 全国の生活協同組合向けに加工食料品の開発・卸売りを展開している協和(東京都多摩市)の創業者で会長の畑山敏也さん(75)=秋田県由利本荘市東由利出身=が、著書「考え方ひとつで人生が変わる」を自費出版し…

イベント

該当するイベントがありません