100キロチャレンジマラソン

キーワード「100キロチャレンジマラソン」にタグ付けされたニュース・話題、イベントです。

ニュース・話題

地方点描:安全な大会運営[鷹巣支局]

 仙北市角館町から北秋田市鷹巣までを走り抜く100キロチャレンジマラソンには、一般ランナーのけがや事故に即応する医師や看護師などの「ドクターランナー」が出走している。9月25日に開かれた大会には24人…

50キロ5時間58分36秒 声援と握手が後押し、思わずガッツポーズ

 秋田県仙北市と北秋田市で25日に開かれた「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン」。節目の第30回大会に、今春鷹巣支局に赴任した記者が初めて参加した。50キロの部を走り、声援を…

ランナーが体力の限界に挑戦 3年ぶりの100キロマラソン

 秋田県仙北市角館町から北秋田市鷹巣までを走り抜く「第30回北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン」が25日、新型コロナウイルス下の中止を経て3年ぶりに行われた。県内外のランナー…

100キロマラソン、さまざまな思い胸に あす25日号砲

 宮城県石巻市の大須美律子さん(59)は、東日本大震災が起きた2011年の第21回大会から100キロの部に連続出場している。

北斗星(9月24日付)

 夜明け前に大勢のランナーがスタートを切り、武家屋敷通りを駆け抜ける。仙北市角館町―北秋田市鷹巣間に、おなじみの光景が戻ってくる。30回目となる「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマ…

64歳ランナー、100キロマラソン「完走最多」が目標

 「この前、(秋田県三種町)森岳のゴルフ場まで行って戻ってきたけど、思ったより時間がかかっちゃったんだよな。大丈夫かな」

100キロマラソン、地元住民がサポート 沿道でおもてなし

 100キロに及ぶコースには、ランナーに飲食物を提供するエイドステーションが20カ所に設置され、地元住民らがもてなす。その他にも、住民らがさまざまな形でサポートし、交流を深めている。

100キロマラソン、安全対策万全に 医師やマタギも協力

 大会では、参加者に安心して走ってもらおうと、安全対策にも万全を期している。

ランナーの荷物や食料はどう移動? 異なるルートで先回り

 100キロチャレンジマラソンは、秋田県仙北市角館町から北秋田市鷹巣までのワンウェイコース。スタートしたランナーの荷物は、どのように100キロを移動してゴールに届けられるのだろうか。

100キロマラソン、スタッフ高齢化 人員確保厳しく

 「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン」は、大会事務局のほか、コース沿線の住民でつくる七つの地区実行委員会によって運営されてきた。3年ぶりとなる今大会は、6月に秋田県北秋田市…

イベント

該当するイベントがありません