出場チーム紹介

雄物川・仁賀保・羽後

チーム写真

プロフィル

連係深め1勝目指す

持ち前の機動力を生かして、1勝を目指す。3校が合同チームとなったのは、春季大会を控えた4月下旬。平日は各校で個々の能力向上を目指し、週末は練習試合や合同練習で連係を確認してきた。

守備の柱はエースの仙道と捕手の鈴木愛だ。仙道は制球力とテンポの良さが持ち味。変化球が多彩な佐々木も控える。

攻撃では足の速い1番鈴木愛、2番阿部を中心に、バントやバスターを絡め、機動力で相手を揺さぶりたい。長打力が魅力の4番高橋怜や、勝負どころで強い村上主将も打線をけん引する。

村上は「失策を減らして守備でリズムをつくり、攻撃につなげたい」と意気込む。

一言

尾留川徹 監督

このチームでの1勝を目指す。送迎などでお世話になった保護者や各校の指導者に感謝しながら、楽しんでプレーしてほしい。