出場チーム紹介

秋田南

チーム写真

プロフィル

豊富な投手陣が鍵に

昨年の準優勝校だが、秋は地区大会で姿を消し、春も県大会初戦敗退。右横手の好投手塚田を軸にノーシードから初の頂点を狙う。

昨春からエースナンバーを背負う塚田は130キロ台中盤の直球に多彩な変化球を織り交ぜ、テンポ良く打ち取る。140キロ超の本格派右腕中山ら投手陣は豊富なだけに、どれだけ塚田の負担を減らせるかが鍵になる。

長打が目立った昨年と比べ打線に派手さはないが、大会屈指の好打者梶原が3番に座る。上位で好機を広げ、武藤、塚田らでかえすのが得点パターンだ。主将も担う塚田は「あと1勝で甲子園に行けなかった昨年の3年生のためにも、必ず優勝する」と決意をにじませる。

一言

石川聡 監督

3年生は入学時からコロナに翻弄(ほんろう)された。思うように練習できない時期もあったが、個々が考えて成長してきた自負を持って戦ってほしい。