出場チーム紹介

明桜

チーム写真

プロフィル

経験積み連覇へ自信

エース左腕野中を軸に、春季県大会では接戦を勝ち抜いて準優勝。東北大会で経験を積み、チームの完成度は高まっている。

野中は140キロを超える直球に多彩な変化球を織り交ぜ、気迫のこもった投球でチームをけん引する。東北大会で好投した相庭、力強い直球を持つ難波、左腕上山らが控える。

打線の中心は昨夏の甲子園を経験し、勝負強い石田恋主将。前を打つ稲次はつなぎの役割を果たす。チームとして走塁の意識を高く持ち、常に次の塁を狙う。石田恋は「春はまだ優勝にふさわしいチームじゃなかった。今なら負ける要素はない」と、2年連続甲子園出場に自信をのぞかせる。

一言

輿石重弘 監督

「一戦決勝」をテーマに、初戦から決勝を5試合戦う気持ちで臨みたい。選手たちには主体的にプレーし、試合の中で成長してもらいたい。