出場チーム紹介

花輪

チーム写真

プロフィル

考える野球で勝利へ

2年生が主体の若いチーム。選手が自ら考える野球をチーム理念に据え、2015年以来7年ぶりの「夏の白星」を目指す。

4月の監督交代を機に、走攻守でしっかり状況判断ができるよう練習や実戦を通じて、選手一人一人が意識改革に取り組んできた。

投手陣は右上手の佐藤と、左スリークオーターの阿部が中心。佐藤は181センチの長身を生かした速球で押し、阿部は切れのいい変化球でコーナーを突く。

打線の中軸は3年生の佐藤、石川、石黒が担う。俊足の1番髙橋らが出塁し、流れをつかみたい。

副主将の石川は「考える野球を実践し、一つ一つのプレーに集中して優勝を目指したい」と力を込めた。

一言

小林洋介 監督

自分の弱さと向き合い、必死で練習に取り組んだ努力は必ず結果につながる。地域の希望であり、誇りでもある君たちの力で歴史を変えよう。