[第10回]

他称冒険家の日常

(2017年1月20日 掲載)
トレーニングに励む“変態筋肉マン”四宮さん(右)と筆者

 世間から冒険家という肩書で呼ばれるようになって久しい。僕自身は夢を追う男という肩書を用いている。往々にして肩書とは活動から一般に想起される最も分かり易い呼称が勝手に付けられるものだ。何をもって冒険家という職業であるという定義もない。

 さて他称冒険家の自分であるが、よく聞かれるのが「冒険家と呼ばれる人ってどんな日常を送っているんですか?」ということである。僕は冒険遠征費捻出を目的に住居費を安く抑えるため、シェアハウスをして男性と2人で住んでいる。今回はこの男2人の熱い共同生活を綴る。これこそが他称冒険家の日常である。