近づく夢舞台 11年ぶりの甲子園に挑む能代松陽

 第104回全国高校野球選手権が6日に幕を開けた。秋田県代表の能代松陽は大会第5日の10日、1回戦で聖望学園(埼玉)と対戦する。能代商時代の2011年以来4度目、能代北と統合し、能代松陽となってからは初の甲子園。攻守に勝負強さを見せて秋田大会を制したチームは全国の強豪を相手にどう挑むのか。戦いを展望する。2回続き。