1964東京五輪の記憶 県勢選手の15日間

 アジアで初めて行われた1964年の東京五輪には本県出身の15選手が9競技に出場し、3競技7種目でメダルを獲得した。10月10日の開幕から閉幕の24日まで、本県選手が毎日切れ目なく登場。多くの県民がその活躍を喜んだ。スポーツ王国秋田の華々しい時代だった東京五輪の15日間を振り返る。