時代を語る・明石康(7)戦後は校舎を転々と