高校野球

「高校野球」に関するニュース一覧です。

高校野球「継続試合」導入、東北は23年度以降

 東北地区高野連は1日、天候不良などで試合が中断した場合、翌日以降に中断時点から試合の続きを行う「継続試合」について、2022年度は同地区での導入を見送ると発表した。継続試合適用の判断基準やチケットの…

センバツ初出場の和歌山東 甲子園沸かせた中川申也さんの息子も在籍

 和歌山東は昨秋の近畿大会で準優勝し、第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)の選出が有力視されていた。それでも選考委員会まで落ち着かず、エースの麻田は「本当にきょう決まるのかなと思…

近づく夢舞台(下)兄弟二遊間、守りの軸 両親へ恩返ししたい

有料会員向け記事

 秋田大会5試合で1失策と堅かった守りの中心は遊撃・石田一斗(3年)、二塁・石田恋(2年)。広い守備範囲を誇る兄弟が、二遊間で守りを締めた。

近づく夢舞台(中)したたかさ光る打線 つなぐ意識貫けるか

有料会員向け記事

 秋田大会のチーム打率は2割8分6厘。5試合で34得点と圧倒的な爆発力はないが、効率よく得点を奪うしたたかさが光った。

近づく夢舞台(上)命運握るエース風間 低めへの制球力が鍵

有料会員向け記事

 10日に幕を開ける第103回全国高校野球選手権。本県代表の明桜は第3日の12日、帯広農(北北海道)と1回戦で対戦する。経大付、経法大付時代を通じて10度目となる夏の甲子園。最速157キロを誇り大会ナ…

高校野球秋田大会の注目校:秋季県王者・角館 変革を選び底上げ図る

有料会員向け記事

 秋は7年ぶりに県大会を制したが、春の県大会は初戦でコールド負け。夏はノーシードから虎視眈々(たんたん)と頂点を狙う。

高校野球秋田大会の注目校:どん底から成長・秋田南 基本反復の成果表れる

有料会員向け記事

 春季県大会8強で第7シード。シード校として秋田大会を迎えるのは、準優勝した2015年以来6年ぶりとなる。石川聡監督は「春と夏は別物。調子、状況が悪くても何とか打開できるような内面からのパワーが必要だ…

高校野球秋田大会の注目校:秋春県4強・大館桂桜 「守り勝つ野球」に自信

有料会員向け記事

 昨秋、今春と県大会4強入りした大館桂桜。立役者のエース安藤拓巳(3年)を中心に「守り勝つ野球」に自信をつけている。

高校野球秋田大会の注目校:第4シード・大館鳳鳴 機動力と打力に手応え

有料会員向け記事

 第4シードの大館鳳鳴が掲げるのは打ち勝つ野球だ。「低く鋭い打球を放つ。得点圏に走者がいる場面を想定し練習してきた」と富樫良介主将(3年)は語る。

高校野球秋田大会の注目校:2年前の覇者・秋田中央 「もう一度あの舞台へ」

有料会員向け記事

 2019年の秋田大会を制した。佐藤幸彦前監督から4月にチームを引き継いだ勝田慎監督は「新任監督と選手が、公式戦を1試合でも多く経験できたのが1番の収穫」と、準優勝の春季県大会を振り返る。

高校野球秋田大会の注目校:第1シード・明桜 投手陣の安定感際立つ

有料会員向け記事

 第103回全国高校野球選手権秋田大会は9日、41チームが出場し開幕する。甲子園には届かなかった昨夏の代替大会優勝校、2年前の覇者、悲願の初優勝を狙う伝統校―。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止とな…

平成が準々決勝へ、春季高校野球 雨のため計9試合が順延

 春季高校野球地区大会は2日、県南の1回戦1試合を秋田県横手市のグリーンスタジアムよこてで行い、平成が準々決勝に進んだ。ほかに県北、中央、県南で予定されていた計9試合は雨のため順延となった。3日は県北…

集大成に懸ける:由利 主将の負傷糧に結束

 「最後に最強で最高の恩返し」。代替大会の開催が発表されて間もなく、由利高グラウンドの一塁側ベンチのホワイトボードにこんな言葉が記された。

集大成に懸ける:明桜 信頼のトリプルエース

 攻守でレベルが高い明桜。今大会の優勝候補最右翼の呼び声が高い。チームを支えるのは佐々木湧生、長尾光、橘高康太の3年生投手陣。いずれも140キロ超の速球を投げ込む右の本格派で、輿石重弘監督は「みんな一…

集大成に懸ける:秋田商 エース柱に闘志燃やす

 夏の甲子園大会中止が発表された後、秋田商の太田直監督はミーティングで選手たちに語りかけた。「明日からの自分の姿が、本当の自分だ。コロナのせいにするのは誰にでもできるからな」

集大成に懸ける:能代松陽 昨秋の覇者、頂点狙う

 昨秋の県大会では全4試合を2点差以内の接戦で制し、頂点に立った。能代松陽は前身の能代商として出場して以来、9年ぶりの甲子園が見えていた。大会中止はチームに大きな衝撃を与えたが、主将の園部洸心(3年)…

集大成に懸ける:秋田中央 好きな野球やり通す

 新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校野球選手権秋田大会の代わりとなる「2020県高校野球大会」が9日、秋田市のこまちスタジアムを主会場に開幕する。昨年の秋田大会と同じ44チームが出場。憧れ…

輝くライバル(下)真剣勝負 続きはプロの舞台で

 昨夏の雪辱に燃える金足農のエース吉田輝星(こうせい、3年)と、連覇を狙う明桜の主砲山口航輝(3年)。甲子園を追い掛けたライバルは、2年続けて夏の秋田大会の決勝で火花を散らした。

輝くライバル(中)最後の夏 約束果たし決勝戦へ

 「歴史ある秋田大会で、その一ページに名を残し、平成最後の夏の大会を盛り上げる」。第100回全国高校野球選手権記念秋田大会は、明桜の山口航輝主将(3年)の力強い選手宣誓で幕を開けた。

輝くライバル(上)忘れられない一戦 昨夏の決勝、成長促す

 第100回を迎えた今夏の甲子園大会は金足農が準優勝し、エース吉田輝星(こうせい、3年)が注目を浴びた。吉田には投打のライバルとして長打力抜群の明桜の山口航輝(3年)がいた。プロ野球ドラフト会議で吉田…