文化・芸能

「文化・芸能」に関するニュース一覧です。

民謡の未来見据え“型破り”に挑戦 「多くの人に魅力伝えたい」

有料会員向け記事

第1部・現在地(4)倉田珠衣さん

あいみょん好きな今どきの3人を結ぶ民謡 誇り胸に同世代へ発信

有料会員向け記事

第1部・現在地(3)男鹿の高橋3姉妹

武士の振る舞い軽やかに 代野番楽、協力隊員も奉納に参加

 秋田県大館市の代野地区で元旦に奉納されている市指定無形民俗文化財「代野番楽」が1日、同地区の代野稲荷神社で演じられた。地元の保存会員ら8人が踊りやはやしの演奏で無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を願っ…

エビ中と共演、フェスに参戦… 民謡に興味持つきっかけをつくりたい

有料会員向け記事

第1部・現在地(2)藤原美幸さん

伝統の舞、厳かに 鹿角市で無形文化遺産「大日堂舞楽」奉納

 国の重要無形民俗文化財で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている秋田県鹿角市の大日堂舞楽が2日、同市八幡平の大日霊貴(おおひるめむち)神社に奉納され、地元の能衆が約1300年前…

高橋優「ドンドンパンパンは魔法の掛け声」 民謡は古くて新しい…進む再評価

有料会員向け記事

第1部・現在地(1)人気アーティストが注目

曲げわっぱで手洗い台 大館の伝統工芸士・柴田さん、経産省局長賞

 2022年度の全国伝統的工芸品公募展の入賞作品が決まり、本県から曲げわっぱ職人で伝統工芸士の柴田昌正さん(49)=大館市、柴田慶信商店社長=が手がけた「Possibility of Magewapp…

東由利出身の作曲家・小松耕輔の歩み紹介 顕彰会が評伝作成

 秋田県由利本荘市東由利出身の作曲家・小松耕輔(1884~1966年)の評伝「西洋音楽の伝道師 小松耕輔物語」が完成した。小松の功績を広く知ってもらおうと、地元や音楽関係者らで組織する顕彰会が作成し、…

わらび座323万円の黒字 新法人初年度、寄付・スポンサー収入急増

 秋田県仙北市の一般社団法人わらび座(今村晋介代表理事)は26日、2021年9月~22年8月期の決算を発表した。昨年11月に民事再生手続きを開始した株式会社わらび座から劇団事業を引き継いだ新法人で、初…

県芸術選奨に民謡の浅野沙樹さん ふるさと文化賞は2団体

 2022年度の秋田県芸術選奨は、芸術部門(民謡)の浅野沙樹さん(28)=本名・冨岡沙樹、秋田市=に決まった。ふるさと文化賞には、芸能部門(民話)で大仙民話の会(大仙市、倉田直美会長)、メディア芸術部…

2022秋田この1年:夏祭りなど3年ぶり開催 いつも通りの夏に歓喜

有料会員向け記事

 秋田竿燈まつり初日の8月3日、秋田市の夜空に「光の稲穂」が揺れると、観客から大きな拍手が起こった。県外出身者も多い大学竿燈会の中には、初めて迎える本番に感極まって涙を流す人の姿も。

日本に恩返ししたい…苦難乗り越え躍動 ウクライナ国立バレエ秋田公演

有料会員向け記事

 24日に秋田市のあきた芸術劇場ミルハスで公演したウクライナ国立バレエ。ロシアによる軍事侵攻で、本拠地とする歌劇場に多大な影響を受けた。それでも関係者たちは「芸術の力」を信じて公演を実現させた。

知られざる東海林太郎 没後50年:[後輩歌手・島倉千代子]念願かないデュエット

有料会員向け記事

 島倉千代子(1938~2013年)は、レコード会社コロムビアが主催する歌謡コンクールを経て、1955(昭和30)年に「この世の花」でデビューした。この曲のヒットにより、島倉は一躍アイドル的な存在とな…

由利高民謡部モデルのミュージカル、部員16人が特別出演

 秋田県由利本荘市の由利高校民謡部をモデルにした劇団わらび座(仙北市)のミュージカル「青春(アオハル)するべ!~由利高校民謡部ストーリー~」の特別公演が23日、市文化交流館カダーレで行われ、特別出演し…

曲げわっぱと阿波藍がコラボ 大館の工芸士が開発、辺材を活用

有料会員向け記事

 大館曲げわっぱ伝統工芸士の成田敏美さん(72)=秋田県大館市東台=が、これまで使われてこなかった丸太の辺材(白身)を活用し、徳島産の阿波藍とコラボレーションした商品を開発している。見た目の斬新さだけ…

一生懸命やっていたらその先に何があるのかなと思っています。堀井美香さん(フリーアナウンサー)

今年TBSを退社しフリーアナウンサーに転身した堀井美香さん(秋田市出身)。2人の子育てをしながら第一線で仕事してきました。現在は、人気ポッドキャスト番組「OVER THE SUN(オーバー・ザ・サン)…

過去が恋しくなるもの。確かに届いたあの手紙が、奥からやっと出てきたら。詩人・最果タヒさんの連載「きょうの枕草子」④

清少納言は、最果さんが「百人一首」の歌人の中で、友のように惹かれた人だと言います。「枕草子」現代語訳、第4回は「第二七段 過ぎにしかた恋しきもの」。

(essay)さて、聞いて?(4)それがどのようなものであれ 文:東 穂高

若い人の、まだ熟しきっていない、でも大切にしている時間・感情・オピニオンを不定期で紹介するコーナーです。思いを書き、聞いてもらって、また一歩進めるように。

ローカルメディア列島リレー(39)鳥羽和久(寺子屋ネット福岡代表)

全国のローカルメディアの旗手が、どんなふうに、独自の発信の場を作っているのかを綴るコーナーです。紙もウェブも、ラジオもアートプロジェクトも、料理教室だって「ローカルメディア」に? 日々の取り組み、アイ…

鳥海山麓地域の文化、守り伝える 民俗芸能振興会、後継者育成図る

有料会員向け記事

 皆さんは獅子舞番楽や人形芝居をご覧になったことがありますか?