文化・芸能

「文化・芸能」に関するニュース一覧です。

明桜高など8団体が東北へ 吹奏楽の県アンサンブルコンテスト

 吹奏楽の全日本アンサンブルコンテスト第45回県大会(県吹奏楽連盟など主催)の小学校、高校、大学、職場・一般の部が22日、秋田市のあきた芸術劇場ミルハスで開かれた。欠場した1団体を除く、地区予選を突破…

中学の部、山王など4団体が東北大会へ 吹奏楽アンサンブル

有料会員向け記事

 吹奏楽の全日本アンサンブルコンテスト第45回秋田県大会(県吹奏楽連盟など主催)の中学校の部が21日、秋田市のあきた芸術劇場ミルハスで開かれた。地区予選を突破した48団体が出場。このうち秋田南(打楽器…

知られざる東海林太郎 没後50年:[「赤城の子守唄」秘話]夢破れた人のために歌う

有料会員向け記事

 東海林太郎にとって雪の降る日は人生の転機となることがあった。1934(昭和9)年1月8日もそうである。東京で初雪を迎え、珍しく積雪となったこの日の午前10時、青山の日本ポリドール吹込所で東海林の歌手…

プッチーニの手紙、アトリオンに 亡き夫の「宝」を寄贈

 「蝶々夫人」などのオペラ作品で知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)が亡くなる前年に書いた手紙が秋田市中通のアトリオン音楽ホールに展示されている。手紙を保管していた八峰町の小池加…

写真家・中村征夫さん、都内で海テーマに3人展

 海をテーマとした写真展「La Mer 母なる海へ」が、東京・紀尾井町の文春ギャラリーで開かれており、秋田県潟上市出身の水中写真家・中村征夫さん(77)=東京都=の作品が展示されている。17日のギャラ…

マスク顔連れの犬見て…くらし欄「シニア川柳」年間優秀作決まる

有料会員向け記事

 毎週月曜付に秋田魁新報・くらし欄に掲載している「シニア川柳」には、高齢者の日常をユーモアたっぷりに詠んだ作品や、世相を切り取った作品が寄せられている。2022年1~12月に掲載した句の中から、文化部…

男鹿フェス今夏もやる! 7月29、30の2日間に開催、3月に詳細発表

 秋田県男鹿市の夏恒例の野外音楽イベント「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」の実行委員会は15日、今夏の開催を発表した。7月29、30の2日間、船川港内特設ステージで実施する。

「中島のてっちゃ」あんばいこう著:昭和史の一隅を照らす

有料会員向け記事

 昭和30~40年代、秋田市に「中島のてっちゃ」と呼ばれた知的障害のある尺八芸人の男がいた。歓楽街を回り、尺八で門付けして日銭を稼ぐ“てっちゃ”を市民は愛し、「市長の名は知らずとも、中島のてっちゃの名…

YMO高橋幸宏さん死去 仙北市の編曲家・菅原さん「他にないセンスを体感」

有料会員向け記事

 「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のドラマーを務め、数々のバンドやユニットで活躍したミュージシャンの高橋幸宏(たかはし・ゆきひろ)さんが死去した。70歳。東京都出身。関係者が15日明らか…

知られざる東海林太郎 没後50年:[後輩歌手・今陽子]「ピンキーのファン」公言

有料会員向け記事

 東海林太郎は昭和40年代の懐メロブームとは対照的に登場したグループサウンズの歌手たちの歌い方は評価しなかった。「グループサウンズの声はひどい。あれは声をだしているだけですよ、歌じゃない。ただの音の積…

遠い風近い風[藤田俊太郎]ラビット・ホール

有料会員向け記事

 私が演出する舞台「ラビット・ホール」が4月、秋田で上演される(詳細は後日発表)。先に東京のPARCO劇場で開幕し、全国ツアーの1カ所目として幕を開ける予定だ。

横手・湯殿山神社の「裸参り」 水かぶる男衆、家内安全や無事故祈る

 秋田県横手市雄物川町二井山の湯殿山神社に伝わる「裸参り」が行われた。男衆が水ごりし、今年の家内安全や無事故を祈願した。

俳優・柄本佑、十文字映画祭にゲスト出演 監督作「ippo」上映

 実力と人気を備え、映画やドラマへの出演依頼が引きも切らない俳優の柄本佑。シネフィル(映画通)で知られ、実は「今も映画監督になりたい」と言う彼が監督を手がけた映画「ippo」は演劇の戯曲を原作にした3…

10メートルの数珠回し無病息災願う 横手市で「百万遍念仏講」

 地域住民が輪になって大きな数珠を回し念仏を唱える「百万遍念仏講」が9日、秋田県横手市山内南郷の三ツ屋地区で行われた。住民約20人が無病息災や家内安全を祈った。

十文字映画祭、きょう10日からチケット販売 高橋伴明監督の特集も、ゲストは俳優・柄本佑さんら予定

 2月4、5日に秋田県横手市の十文字コミュニティセンターで開かれる「第30回あきた十文字映画祭」のチケット販売が、きょう10日に始まる。地元の映画愛好家でつくる実行委員会(小川孝行代表)の主催で、3年…

秋田市牛島で恒例の獅子舞行事 民家訪れ厄払う

 秋田市牛島で新春を彩る風物詩となっている三皇熊野神社(金山智紀宮司)の獅子舞行事が、15日ごろまで行われている。獅子舞保存会の会員が地域の民家や商店約500軒を回り、除災招福を祈願する。

「畳の上の格闘技」 大館鳳鳴高文芸部かるた班、速さと正確さを追求

有料会員向け記事

 静まり返った和室に響き渡る読手(どくしゅ)の声。「せをはやみ…」。上の句の読み上げが始まると、バンッという音とともに、勢いよく取り札が払われる。札は畳の上を数メートル先まで滑っていった―。

知られざる東海林太郎 没後50年:[後輩歌手・田代美代子]流行歌手の心構えを伝授

有料会員向け記事

 東海林太郎が気に入っていた後輩歌手に田代美代子(1943年~)がいる。田代との出会いは「新人とパイオニア」というテーマの取材であった。これがきっかけとなり、両者は親交を深める。

あきた全国舞踊祭、群舞で有明さんペア最優秀 グランプリは内田さん

 モダンダンスの全国コンクール「第41回あきた全国舞踊祭」が昨年12月、秋田市のあきた芸術劇場ミルハスで開かれ、グランプリにシニア部門(高校生を除く18歳以上)の内田奈央子さん(33)=横浜市=が選ば…

コロナ下のしんどい時にこそ… 若者へのエールとして民謡を届けたい

有料会員向け記事

第1部・現在地(5)劇団わらび座