経済・産業

「経済・産業」に関するニュース一覧です。

DOWAエコシステム、日本製紙秋田工場製の段ボール原紙を首都圏へ

有料会員向け記事

 非鉄大手DOWAホールディングス(東京)子会社で、環境・リサイクル事業を手がけるDOWAエコシステム(同)は、同社の貨物コンテナで日本製紙秋田工場(秋田市)の製品を首都圏へ輸送する取り組みを3月から…

みどり戦略、県内関係者の取り組み 漁業分野、未利用魚に「価値」あり

有料会員向け記事

 持続可能な開発目標(SDGs)や環境に対する世界的な関心の高まりを受け、農林水産分野においても生産者が環境に配慮した取り組みを進める必要性が増している。国は、SDGsへの対応強化を見据えた「みどりの…

ウェンティ社計画の富山沖洋上風力 3月着工9月運転開始へ

 風力発電事業会社、ウェンティ・ジャパン(秋田市)が富山県入善町沖で計画する洋上風力発電事業について、関係者が14日、入善町役場で合同会見し建設スケジュールを発表した。海上工事を3月に開始し、8月の完…

メタバースで合同就職説明会 能代の大森建設、関西の就活生にアプローチ

有料会員向け記事

 インターネット上の仮想空間(メタバース)を使った大規模な合同就職説明会が開かれ、秋田県からは能代市の大森建設(大森三四郎社長)が出展した。就職活動中の学生とオンラインで、自由度の高いコミュニケーショ…

予約制乗り合いタクシーの実証、秋田市で14日から 乗降場所は73カ所

 秋田市は14日、予約制乗り合いタクシーの実証事業を市内の一部地域で始める。決められた時刻や経路はなく、人工知能(AI)による配車システムが予約に応じた最適な経路を判断して運行。地域内の日常的な移動を…

北都銀、純利益34%減 4~12月期決算、国債等債券で売却損

 北都銀行が10日発表した2022年4~12月期決算は、純利益が前年同期比34・8%減の12億6900万円だった。手数料収入が伸びた一方、国債等債券の売却損が響いた。経常利益は31%減の21億5700…

DOWA純利益38%減 4~12月期、電気料金高騰が影響

有料会員向け記事

 秋田県に主要拠点を置く非鉄大手DOWAホールディングス(東京)が10日発表した2022年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比38・2%減の272億7100万円となった。電気料金の高騰で製錬事業…

100年前の酵母で造った酒はベリー系の香りとフルーティーな味わい 山内杜氏組…

有料会員向け記事

 酒造りの技術者でつくる「山内杜氏(とじ)組合」(秋田県横手市、照井俊男組合長)は9日、100年前の酵母で造った日本酒を県庁でお披露目した。昨年、組合設立100周年を迎えたことを記念して仕込んだ。春に…

しゃぶしゃぶがお勧め! 男鹿産「早出しワカメ」11日発売

 出荷時期を通常の秋田県産ワカメより2週間ほど早めた男鹿産の「早出しワカメ」の販売が11日、県内のスーパー37店で始まる。

母が仕込んだ純米吟醸酒「MAMA」 ラベルは息子ら高校生考案

有料会員向け記事

 「花邑(はなむら)」醸造元の両関酒造(秋田県湯沢市)は9日、純米吟醸酒の新商品「MAMA」(ママ)を県内限定で出荷、販売する。醸造責任者で製造課長の山内めぐみさん(38)らが仕込んだ酒に、山内さんの…

ニプロ純利益36%減 22年4~12月、製造原価上昇影響

 秋田県大館市に主力生産拠点を置く医療機器メーカーのニプロ(大阪市)が8日発表した2022年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比36・9%減の69億6200万円だった。エネルギーや原材料価格の高…

恋人や友人へ、自分に「ご褒美チョコ」… 県内バレンタイン商戦に熱

有料会員向け記事

 14日のバレンタインデーを前に、秋田県内の百貨店や菓子店ではバレンタイン商戦が熱を帯びている。恋人や友人への贈り物のほか、自分のための「ご褒美チョコ」など多様なニーズに応えようと、各店は品ぞろえを充…

再エネ、農業強みに事業展開を 経営者フォーラムに120人

 社会変化に対応して事業の成長につなげるための経営戦略を学ぶ「東北経営者フォーラムin秋田」が7日、秋田市山王臨海町のさきがけホールで開かれた。秋田県内の企業経営者ら約120人が参加。県商工会連合会の…

「農家支援体制練り直す」 10JA一本化先送りで斉藤会長

有料会員向け記事

 秋田県内10JAの一本化先送りの方針に関し、JA秋田中央会の斉藤一志会長は7日、秋田魁新報の取材に「農業者を取り巻く環境が変わっており、計画を練り直す必要があると判断した」などと話した。主なやりとり…

県内10JA一本化2年先送り 協議停滞、スケジュール見直し

 JA秋田中央会や県内10JAなどでつくるJAグループ秋田組織再編協議会は7日、秋田市の県JAビルで会合を開き、2024年度をめどとしていた10JAの一本化について2年先送りすることを決めた。新型コロ…

県内酪農家、飼料代高騰で「経営もたない」 雄子牛取引価格暴落も追い打ち

有料会員向け記事

 秋田県内酪農家の経営が厳しさを増している。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻などの影響で穀物価格が高騰し、牛の飼料代が大幅に上昇。ホルスタイン種の雄子牛の取引価格も1頭当たり500~千円と暴落し、値…

ソフトウエア開発業者を誘致企業に認定 5月、仙北市に事業所

有料会員向け記事

 ソフトウエア開発などを手がける「リベンリ」(神奈川県、倉橋康友社長)は6日、秋田県と仙北市の誘致企業に認定された。5月に同市内に現地法人を設立する。地元人材やUターン人材の採用を進め、2028年には…

去勢比内地鶏「あきたシャポン」、特産品化の可能性探る

 去勢した雄の比内地鶏「あきたシャポン」を味わう試食会が3日夜、秋田県由利本荘市岩城のレストラン「リバーロード」で開かれた。県や市、JA秋田しんせいの関係者や生産者ら約30人が参加。やわらかな肉質や濃…

「かづの牛」食べ歩いて商品券当てよう 鹿角市でスタンプラリー

 秋田県鹿角市や畜産団体などでつくる「かづの牛振興協議会」は、地元特産の日本短角種「かづの牛」の消費拡大を図ろうと、スタンプラリーを実施している。26日まで。

フラワーバレンタインをPR ぽぽろーどに鮮やかな装飾

 14日のバレンタインデーを前に、秋田県産花卉で作ったモニュメントが4日、秋田市のJR秋田駅ぽぽろーどに設置された。ピンク、オレンジ、水色など鮮やかな色合いの花々に、通行人は目を奪われていた。展示は1…