政治・行政

「政治・行政」に関するニュース一覧です。

ウクライナから秋田市に避難の男性「日本語学び家族持ちたい」

 秋田市は、ロシアによる侵攻が続くウクライナから新たに避難民の男性1人を受け入れた。男性はウクライナ東部ドネツク州マリウポリ出身のプロスクリャコフ・スタニスラフさん(28)。21日に秋田市役所を訪れ、…

新県立体育館候補地巡る答弁食い違い問題 部長「早期に絞り込みたい」

 石黒道人・秋田県観光文化スポーツ部長は21日の県議会産業観光委員会で、新県立体育館の建設候補地選定を巡る19日の質疑の際、佐竹敬久知事と食い違う答弁をしたことに関し「県としては関係者と協議した上で、…

秋田市議会、高齢者バスの陳情を不採択 現金払い継続を求む声

 秋田市議会は21日、22年度一般会計補正予算案や、市老人いこいの家の指定管理者指定案、小型除雪車購入契約案など32件を可決。陳情、請願計17件を不採択。議員発議の秋田市議会の個人情報保護条例案など2…

八峰町長選に元県職員、堀内満也氏が出馬表明

 元秋田県職員の堀内満也氏(46)が21日、八峰町の浜田地区コミュニティセンターで記者会見し、森田新一郎町長の死去に伴う町長選(来年1月4日告示、9日投開票)に、無所属で立候補することを表明した。県職…

潟上市議会、臨時会で予算案可決 定例会は審議未了のまま閉会

 秋田県潟上市議会は20日、臨時会を開き、審議未了のまま閉会した12月定例会に提出していた22年度一般会計補正予算案、各種条例改正案など25件を改めて提出。全て可決し閉会した。

県議「県職員の自殺死亡率が県平均上回る」 県議会予算特別委員会

 秋田県議会予算特別委員会の総括審査が20日開かれ、加藤麻里氏(社民)は、県職員の自殺死亡率が本県の平均を上回っているとして「職員にとって過酷な職場であることを物語っている」と指摘した。佐竹敬久知事は…

鹿角市のふるさと納税、12月に寄付急伸 議会、補正予算案を可決

 秋田県鹿角市議会は19日、追加提案を含む22年度一般会計補正予算案2件や市職員の定年に関する条例改正案、議員提出の意見書案など計27件を可決し閉会した。

ハピネッツ社、道の駅岩城の指定管理者に 由利本荘市議会、指定案を可決

 秋田県由利本荘市議会は19日、本会議を開き、22年度一般会計補予算案など追加提案2件、新ごみ処理施設用地取得案、道の駅岩城の指定管理者にバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)秋田ノーザンハピネッツ…

市立横手病院の課長、停職6カ月の懲戒処分 酒気帯び運転で罰金刑

 秋田県横手市は19日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発された市立横手病院の男性課長(51)を、同日付で停職6カ月の懲戒処分と、上席副主幹に降任させる分限処分にしたと発表した。

県議「八橋に決めているのでは?」 新県立体育館候補地、知事と事務方答弁食い違う

有料会員向け記事

 新県立体育館の整備候補地を巡り、19日の秋田県議会では佐竹敬久知事と県の事務方の答弁が食い違った。担当部長が「秋田市との協議はこれから本格化させる」と述べた直後に、知事が穂積志秋田市長と八橋運動公園…

日沼副町長は出馬せず 森田町長死去に伴う八峰町長選

 八峰町で町長職務代理者を務める日沼一之副町長は19日、森田新一郎町長の死去に伴う町長選に出馬しないことを明らかにした。秋田魁新報の取材に、「現在の体力や気力では、町民のために重い責任を背負うことがで…

八峰町長選、県職員・堀内氏が出馬の意向 「近いうちに結論」

 秋田県八峰町の森田新一郎町長の死去に伴う町長選(1月4日告示、9日投開票)に、県職員の堀内満也氏(46)が立候補する意向を示していることが19日分かった。堀内氏は取材に対し「家族や関係者に相談した上…

県庁・県教委・県警、5年で計13人自殺 ハラスメント相談窓口設置へ

 秋田県は19日の県議会予算特別委員会総括審査で、過去5年間に県庁と県教育委員会、県警で計13人が自殺したと明らかにした。今年8月には上司によるパワハラがあったとする遺書を残して県地域振興局の男性職員…

新県立体育館、知事が八橋を改めて有力視 「あそこに造ると市長と共有」

 佐竹敬久秋田県知事は19日、新たに整備する県立体育館の建設候補地としている秋田市八橋の八橋運動公園に関し「私と(秋田市の穂積志)市長の間では、あそこに造るという情報共有はしている」と述べ、八橋への建…

鳥海ダム整備、仮排水トンネル完成 「転流」祝い式典

 秋田県由利本荘市鳥海町百宅(ももやけ)地区で国が整備を進める鳥海ダムで、2020年度から実施していた仮排水トンネルの工事が終了し、18日にトンネル内への水の引き込みが始まった。ダムの本体工事に向けた…

県の第3期文化振興ビジョン、ミルハスを中心的施設に 数値目標に議論の余地残す

有料会員向け記事

 秋田県は、文化振興施策の基本的な指針となる「あきた文化振興ビジョン」第3期(2023~25年度)の素案を12月県議会に示した。6月に開館したあきた芸術劇場ミルハス(秋田市)の活用を基本方針の一つに掲…

大館市長選、麓幸子氏が出馬表明 「市民の困りごとに寄り添う」

 秋田県大館市の作家・ジャーナリストの麓幸子氏(60)が17日、任期満了(来年4月30日)に伴う市長選(4月16日告示、23日投開票)に無所属で立候補することを表明した。市長選への出馬表明は、現職で2…

男鹿市議会、認定こども園建設工事費など可決

 秋田県男鹿市議会は16日、本会議を開き、船越地区に新設する認定こども園建設工事費として17億7千万円の債務負担行為設定を盛り込んだ22年度一般会計補正予算案、追加提出したガス供給条例改正案など33件…

「白紙の状態」 八峰町長選の出馬有無、日沼副町長は明言避ける

 秋田県八峰町で町長職務代理者を務める日沼一之副町長は16日、町議会12月定例会の一般質問で、森田新一郎町長の死去に伴う町長選への出馬の有無を問われ、「白紙の状態」と述べ、明言を避けた。その後の取材に…

「反問権」行使巡り、潟上市長に問責決議案 議会、賛成少数で否決

 秋田県潟上市議会12月定例会で16日、一般質問に対し当局が議員に逆質問する「反問権」の行使について、議会運営基準を順守しなかったなどとして、鈴木雄大市長に対する問責決議案と小林悟議長に対する辞職勧告…