夏の甲子園大会

「夏の甲子園大会」に関するニュース一覧です。

夏の高校野球秋田大会は7月7日開幕 秋田県高野連が事業計画案

 秋田県高野連(尾形徳昭会長)の2022年度第2回評議員・理事会が9日、秋田市のANAクラウンプラザホテル秋田で開かれ、23年度事業計画案が示された。105回目の記念大会となる全国選手権秋田大会は7月…

仙台育英Vに刺激 吉田輝星「いやあ、もう感動した」

 日本ハムの吉田が甲子園大会で東北勢として初優勝した宮城・仙台育英高を「いやあ、もう感動した」と祝福した。自身は2018年に金足農高のエースとして準優勝を果たした。

第1回・秋田中準優勝から107年… 甲子園で東北勢の辛苦結実

 第1回大会で秋田中が決勝で涙をのんでから107年。夏10度目の挑戦で東北勢の辛苦が実を結び、優勝旗が“白河の関”を越えることになった。

仙台育英、東北勢初の快挙 県内指導者やOBから喜びの声

有料会員向け記事

 仙台育英の東北勢初の快挙に、秋田県内の指導者は大きな刺激を受けた様子だった。

「龍之介の野球人生応援したい」 由利本荘出身・山浅選手の両親、勇姿見届ける

有料会員向け記事

 兵庫県西宮市の甲子園球場で20日に行われた全国高校野球選手権の準決勝で、聖光学院(福島)が仙台育英(宮城)との東北勢対決に敗れた。正捕手として初の4強入りを支えた山浅龍之介選手(3年)は秋田県由利本…

「日本一を目指してやれて良かった」 聖光学院の山浅(由利本荘市出身

有料会員向け記事

 懸命なリードも、勢いづいた仙台育英打線を止めることはできなかった。

地方点描:来年こそは[能代支局]

 多くの能代市民や学校関係者らがテレビの前や甲子園のスタンドで応援したことだろう。11年ぶりに夏の甲子園に出場した能代松陽高校。初戦敗退という結果に終わったが、市内にはまだ至る所に「祝甲子園出場」「甲…

能代松陽応援団、逆転信じ選手鼓舞 力強い応援送る

 10日に行われた第104回全国高校野球選手権大会の1回戦で、本県の能代松陽は聖望学園(埼玉)に2―8で敗れ、11年ぶりの勝利はならなかった。甲子園のスタンドや地元能代市からは選手たちに力強い応援が送…

先発三浦、エースの自覚胸に 救援森岡、夢のマウンドほろ苦く

有料会員向け記事

 能代松陽のエース三浦凌輔(3年)は「初回をゼロに抑え、流れを持ってきたい」とイメージしていた。先頭打者をフルカウントから投ゴロに打ち取ると、2者連続三振。上々の立ち上がりだった。

松陽の「もう1点」狙い実らず 思わぬプレーで反撃しぼむ

有料会員向け記事

 六回に4番齋藤舜介(2年)の適時打で2点を返し、能代松陽は2―4と迫った。なおも1死一、三塁のチャンス。だが走塁死が二つ重なり、思わぬプレーで反撃は一瞬にしてしぼんでしまった。

能代松陽、聖望学園に敗れる 夏の甲子園1回戦

 第104回全国高校野球選手権大会第5日は10日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1、2回戦計3試合を行い、秋田県代表の能代松陽は聖望学園(埼玉)に2―8で敗れ、2回戦進出はならなかった。

工藤監督「つなぐ野球で勝利したい」 能代松陽、10日初戦

 秋田県代表の能代松陽は10日の第2試合で聖望学園(埼玉)と対戦する。初戦を翌日に控えた9日、工藤明監督と選手がオンラインで抱負を語った。

能代松陽・近づく夢舞台(下)打線 つなぐ意識徹底図る

有料会員向け記事

 秋田大会では5試合中4試合で2桁安打を記録し、チーム打率は3割4分8厘。準々決勝から3試合連続で逆転勝ちし、失点しても取り返す打力が光った。

社説:能代松陽あす初戦 11年前の戦い、再現期待

 第104回全国高校野球選手権大会では連日、熱戦が展開されている。本県代表の能代松陽はあす10日の第2試合で聖望学園(埼玉)と対戦する。能代商時代の2011年以来、11年ぶり4度目の出場だ。これまで培…

能代松陽・近づく夢舞台(上)エース三浦 要所抑える投球が鍵

有料会員向け記事

 第104回全国高校野球選手権が6日に幕を開けた。秋田県代表の能代松陽は大会第5日の10日、1回戦で聖望学園(埼玉)と対戦する。能代商時代の2011年以来4度目、能代北と統合し、能代松陽となってからは…

甲子園開幕、能代松陽・田中主将が行進 感謝込めたプレー誓う

 第104回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開会式を行い、49代表校による深紅の大優勝旗を懸けた戦いが幕を開けた。

能代松陽田中主将「自信持って臨む」 甲子園初戦へ意気込み

有料会員向け記事

 兵庫県西宮市の甲子園球場で6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールで行われた。能代商時代の2011年以来、11年ぶり4度目の出場となる能代…

「一戦必勝で戦う」 能代松陽が甲子園へ出発

 第104回全国高校野球選手権(6日開幕・甲子園球場)に出場する秋田県代表の能代松陽が2日、大会に向けバスで同校を出発した。秋田空港に移動し、空路で現地入りした。

甲子園出場・松陽へ1千万円寄付 能代市、専決処分

 秋田県能代市は1日、第104回全国高校野球選手権大会(6日開幕、兵庫県・甲子園球場)に出場する能代松陽高校に1千万円を寄付するための専決処分を行った。

北斗星(7月22日付)

 2020年、新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会が中止になった。監督から中止を告げられ、目標を失って涙を流す部員もいた。その年の1年生が今の3年生だ