太平洋戦争

「太平洋戦争」に関するニュース一覧です。

秋田市中心部に空襲計画 米軍戦闘計画書で判明「終戦遅ければ実行も」

有料会員向け記事

 太平洋戦争末期、米軍が秋田市の中心市街地への爆撃を計画していたことが、日本の都市空襲を研究している工藤洋三さん(72)=山口県周南市=の調査で分かった。工藤さんは「終戦があと1、2週間遅ければ、計画…

地方点描:遺品は語る[大曲支局美郷町駐在]

 数年前、県南に住む曽祖母の弟から戦争の体験談を聞いた。

米国から美郷町の親族へ日章旗 太平洋戦争で戦死、反戦の思い新た

 太平洋戦争に出征し、ニューギニア島で戦死した秋田県美郷町六郷東根出身の藤岡長右エ門さん=当時(22)=の遺留品である日章旗が米国で見つかり、14日に遺族へ返還された。受け取ったおいの深田重雄さん(6…

秋田のじっちゃばっちゃが綴る暮らしの記録」全3巻:胸を打つ時代の証言

有料会員向け記事

 日本が急激な近代化を推し進めた明治から、昭和の太平洋戦争の終焉(しゅうえん)までの間、秋田の人々はどのような生活をしていたのだろう。県老人クラブ連合会(県老連)が編集し、1986(昭和61)年に刊行…

戦争体験や平和への願い冊子に 県遺族連合会青年部の「手引」に

有料会員向け記事

 戦没者遺族でつくる秋田県遺族連合会は、会員の戦争体験や平和への願い、会の活動状況などを冊子「語り継ぐ」にまとめた。高齢化が進む遺族会にとって戦争の記憶を継承する後継者の育成は喫緊の課題。冊子は戦没者…

湯沢市が戦没者追悼献花式 遺族ら、平和への思い新たに

 秋田県湯沢市の戦没者追悼献花式が15日、市役所本庁舎で開かれ、遺族ら約30人が平和への思いを新たにした。

終戦77年・二つの戦禍(2)引き揚げ経験者 「憎しみの連鎖防いで」

有料会員向け記事

 母に手を引かれ国境へと向かう小さな背中、再会を誓い合い号泣する父と子―。

北斗星(8月15日付)

 「絶対内緒だよ」。子どもの頃に友達とたわいない話を秘密として共有した経験がないだろうか。名古屋市の詩人おのゆういちさんが1998年に刊行した詩集「僕は子どもの頃鳥だった」はそんな秘密から題名を得てい…

社説:あす終戦77年 危機打開へ外交努力を

 ロシアによるウクライナ侵攻が長期化し、終結の見通しが立たない状況が続く。中国は台湾周辺で大規模軍事演習を行い、武力による威圧を強めた。日本の安全保障環境がかつてないほど緊迫の度を高める中で明日、77…

終戦77年・二つの戦禍(1)空襲体験者 焼け野原に故郷重ねて

有料会員向け記事

 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、終戦から77年を迎える。国同士の争いが命を奪い、人々の暮らしを翻弄(ほんろう)する光景が、今も変わらずに繰り広げられている。過去と現在、それぞれの戦禍を体験した人…

あの日の六郷飛行場(下)疎開先で家族の死知る 茶わんの破片、遺骨代わり

有料会員向け記事

 秋田県北秋田市川井の畠山喬さん(90)は、「えんぴつ四季」を読み昔を思い出して書いたという文章「まぼろしの六郷飛行場」を寄せてくれた。そこには戦時中の美郷町六郷の記憶と共に、空襲で亡くなった家族への…

あの日の六郷飛行場(上)「児童まで使う国力とは」 敵機の機銃掃射受ける

有料会員向け記事

 先月4日、本紙くらし欄「えんぴつ四季」に「六郷飛行場」と題した読者からの投稿が載った。太平洋戦争末期、現在の秋田県美郷町六郷東根に陸軍が造成を進めた飛行場だ。投稿をきっかけに、当時の記憶を寄せてくれ…

北斗星(8月9日付)

 日本から南へ3千キロ、インドネシア・ニューギニア島の北200キロの洋上に浮かぶマピア島。3島からなり、最大の島でも周囲6キロほど。干潮時だけ陸続きになるという

時代を語る・明石康(6)くわを担ぎ勤労奉仕

有料会員向け記事

 旧制秋田中(現秋田高)で私たちは先生にあだ名を付ける失礼なこともしていましたけど、やっぱり優秀な先生が多かったですね。

北斗星(5月15日付)

 きのうまでの2日間、バスケットボール男子Bリーグのチャンピオンシップで秋田ノーザンハピネッツと琉球が戦った会場は沖縄県の沖縄アリーナ。最大収容1万人で巨大ビジョンも備える、リーグ屈指の充実した施設だ

社説:沖縄復帰50年 過重な基地負担解消を

 沖縄が日本に復帰してきょうで50年になる。玉城デニー知事は節目を迎えるに当たって、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の断念などを求める建議書を岸田文雄首相に手渡している。沖縄の切実な声に…

戦禍の記憶:学徒勤労動員 「帰らない」飛行機造る

有料会員向け記事

 太平洋戦争開戦から8日で80年を迎えた。戦時中、学生を軍用機の製造や農作業に従事させた学徒勤労動員。群馬県の工場で戦闘機の製造に携わり、その後、東京大空襲や土崎空襲も経験した能代市の女性(93)に、…

戦禍の記憶:父のはがき 妻子への思い切々と

有料会員向け記事

 「昨夜はお前たちの夢を見てうれしかった。又そのうち夢で會はう」。秋田市の岩谷三千子さん(80)の手元には、父・遠藤三治さんが戦地から家族に宛てたはがきや手紙の束が残されている。岩谷さんは、細かい字で…

戦禍の記憶:横手空襲 飛行機に万歳、直後の掃射

有料会員向け記事

 1945(昭和20)年8月10日、横手町(現横手市)の横手駅周辺が米軍の空襲を受けた。その場にいたという大仙市の高井慶蔵さん(87)に、空襲の様子や当時の暮らしを語ってもらった。

終戦76年(下)未来の平和を見据えて 県内の遺族会

有料会員向け記事

 日中戦争や太平洋戦争で亡くなった人の遺族でつくる県内の遺族会。県組織の県遺族連合会は、戦没者の慰霊や戦争体験を語り継ぐ活動などを行っているが、かつて2万人以上いた会員は今年1月には7275人となり、…