2021衆院選

「2021衆院選」に関するニュース一覧です。

2021秋田この1年:衆院選 自民の議席独占崩れる

有料会員向け記事

 10月31日投開票の衆院選は県内3小選挙区で初の与野党一騎打ちとなった。秋田2区では立憲民主党の緑川貴士氏(36)が自民党の金田勝年氏(72)に3度目の対決で初めて勝利。これにより2012年から続い…

あきた衆院選・激戦を終えて(下)立民、2区で議席獲得 野党共闘、効果も課題も

有料会員向け記事

 「1対1で戦えたことが大きかった」。衆院選投開票日の先月31日夜、秋田2区の緑川貴士氏(36)=立憲民主党=の勝利で沸き返る選挙事務所で、立民県連幹部が語った。法相や予算委員長を務めた金田勝年氏(7…

あきた衆院選・激戦を終えて(上)自民、選挙区独占ならず 組織戦、集票に陰りも

有料会員向け記事

 衆院選(10月31日投開票)の県内3小選挙区は自民党が秋田1、3区で勝利を収めた一方、2区では立憲民主党が議席を獲得し、過去3回続いてきた自民の議席独占が崩れた。野党の候補者一本化により、各選挙区と…

あきた衆院選・激戦の現場:秋田3区 農業振興策で論戦展開

有料会員向け記事

 市町村別農業産出額で県内トップ5に入る横手市、大仙市、由利本荘市を含む秋田3区。2人の候補者は、当地で盛んな農業に力点を置いた運動を展開している。

あきた衆院選・激戦の現場:秋田2区 大票田の大館市で火花

有料会員向け記事

 自民党前職の金田勝年候補(72)と立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)が激戦を演じている。前回は金田候補が1672票差で勝利をつかんだ。だが有権者の最も多い大館市に限れば、緑川候補が3千…

あきた衆院選・激戦の現場:秋田1区 初の一騎打ち、相譲らず

有料会員向け記事

 31日投開票の衆院選は中盤に入った。県内3小選挙区では激しい戦いが繰り広げられている。各選挙区を歩き、候補者の動きを伝える。

衆院選・候補者の横顔:秋田1区・冨樫博之候補(自民・前) 防災への思いは人一倍

 岸田政権の復興副大臣に就任した。復興庁の政務三役では唯一の東北出身者。「身の引き締まる思い。当選したら、いの一番に被災地に足を運び、地域の課題に応じた支援策を講じたい」と語る。

衆院選・候補者の横顔:秋田1区・寺田学候補(立民・前) 育児経験し視野広がる

 2003年、当時全国最年少の27歳で衆院選に初当選した。「政策決定の場にもっと若者が必要だ」との思いはその時から変わっていない。小選挙区出馬は14年以来。全国に先んじて少子高齢化が進む秋田から「世代…

衆院選・候補者の横顔:秋田2区・金田勝年候補(自民・前) 経験重ね「今が集大成」

 2017年8月から自民党幹事長代理を3年間務め、二階俊博前幹事長を間近で支えた。「スピード感、大局観、そして温かさ。二階前幹事長はこの三つを備えており、政治家の見本だと思った。安定した政治環境をつく…

衆院選・候補者の横顔:秋田2区・緑川貴士候補(立民・前) 「声を集める」が第一歩

 「秋田の声をしっかり受け止めたいという思いで地域や企業を回り、行事に参加してきた」。2014年の衆院選に初挑戦して以来、選挙区をくまなく巡っている。17年に比例復活で初当選を果たしてからは、国会の日…

衆院選・候補者の横顔:秋田3区・杉山彰候補(共産・新) 学生の自治活動で学ぶ

 「自然農法を実践したい」と22年前に出身地のさいたま市から東成瀬村へ移り住んだ。妻、子ども3人と暮らす。

衆院選・候補者の横顔:秋田3区・御法川信英候補(自民・前) 原点は「役に立ちたい」

 2003年の初当選から18年。衆院議員を通算5期務め、政治家として自分はどうあるべきか、思索を巡らせてきた。今はシンプルな言葉で原点を語る。「人の役に立ちたいと思ってるんだよね」

あきた衆院選・課題の現場(4)地方再生 一極集中是正、見通せず

有料会員向け記事

 新型コロナウイルス禍を機に、東京から故郷の秋田市に家族3人で移り住んで1年近く。移住後に秋田市川尻総社町で美容室「オル」を開業した美容師の福岡悠也さん(31)は充実した日々を過ごしている。

あきた衆院選・課題の現場(3)脱炭素、再生エネ 経済波及効果見えず

有料会員向け記事

 「脱炭素を推進し、再生可能エネルギーによる地域活性化を目指す」。先月14日の鹿角市議会全員協議会。地域電力小売会社「かづのパワー」の事業再開を巡る協議の中で、市産業部の阿部正幸次長がこう力を込めた。

あきた衆院選・政党に聞く:社民党県連・石川ひとみ代表 生活の立て直しに力

有料会員向け記事

 ―何が問われる選挙か。

あきた衆院選・戦いの構図(下)3区 自共、異例の一騎打ち

有料会員向け記事

 6選を狙う自民党前職の御法川信英氏(57)に、共産党新人の杉山彰氏(55)が挑む一騎打ちとなる見通し。これまで秋田3区に連続5回立候補してきた元職の村岡敏英氏は今回、出馬しない。小選挙区制導入後、自…

あきた衆院選・課題の現場(2)経済対策 畜産業もコロナで打撃

有料会員向け記事

 「牛は、工業製品のように売れ行きによってその時々で増産したり、減産したりできないものな」。由利本荘市の肥育農家、板垣幸三さん(69)は、くりくりとした目の黒毛和牛が餌をはむ様子を見ながらこうつぶやい…

あきた衆院選・政党に聞く:共産党県委員会・米田吉正委員長 野党共闘で政権交代

有料会員向け記事

 ―選挙戦の争点は。

あきた衆院選・戦いの構図(中)2区 与野党対決、再び激戦か

有料会員向け記事

 自民党前職の金田勝年氏(72)に、立憲民主党前職の緑川貴士氏(36)=比例東北=が挑む。金田氏は自民・公明票を固めた上で浮動票への食い込みを狙い、緑川氏は政権への批判票と浮動票の獲得を目指す。

あきた衆院選・戦いの構図(上)1区 前職同士の一騎打ち

有料会員向け記事

 衆院選(19日公示、31日投開票)が目前に迫ってきた。衆院解散から17日後に投開票を迎える異例の短期決戦。県内3小選挙区では、いずれも自民党候補と野党候補の一騎打ちとなる見通しだ。各選挙区の構図を探…