育児・子育て

「育児・子育て」に関するニュース一覧です。

地方点描:子育て支援[本荘支局]

 本荘由利地域では3月末に三つの保育園が閉園する。いずれも過疎地にあり、定員割れが続いて運営が難しくなった。前年も同様に2カ所が閉園している。「静かな有事」とも呼ばれる少子化の現実をわれわれに突き付け…

「孤立させちゃいけない」 県内の医療的ケア児のいま

有料会員向け記事

 日常的にたん吸引や人工呼吸器の管理などが必要な「医療的ケア児」。県内には122人(2021年5月時点)いるとされる。支援者や共に暮らす家族は、日々どのような生活を送り、何を感じてきたのか。現状を伝え…

反抗期の子どもとの接し方 秋田大・北島教授「自立に必要な時期」

有料会員向け記事

 反抗期、思春期の子どもとの関係に悩む保護者は多いだろう。この時期、どう接すればいいのか。秋田大教育文化学部の北島正人教授(50)=臨床心理学=は「大切な時期なので、子どもを支えてほしい」とする。

社説:男性の育休 取得機運、社会で醸成を

 共働き家庭の増加を背景に、男性の育児休業を促す制度整備が進んでいる。育児や家事の負担が女性に偏ったままでは少子化の改善も見込めない。企業風土や管理職の意識改革も進めながら、社会全体で男性の育休取得の…

北斗星(1月11日付)

 招待を受けた子どもたちには思い出に残るクリスマスの贈り物となったに違いない。先月24日に秋田市で行われたバスケットボール男子のBリーグ・秋田ノーザンハピネッツのホーム試合。県内のひとり親世帯の家族計…

三種町「みっしゅ」、子育ての相談の場に定着 オープンから半年

有料会員向け記事

 秋田県三種町豊岡金田の子育て交流施設「みっしゅ」がオープンしてから半年余り。連日、町内外から多くの親子が訪れている。保育士や保健師と気軽に会話できる環境設定が好評で、保護者と相談支援を結び付ける施設…

遠い風近い風[小松由佳]イノシシ丸焼き会

有料会員向け記事

 昨年末、知人から東京郊外の里山で行うイノシシ丸焼き会に誘われた。山で捕獲したものを皆で食べるというユニークな催し。だが、頭を悩ませたのが、イノシシは豚の先祖で、私たち家族は食べられないという事情だっ…

移転新築の「わんぱぁく」利用開始、北秋田 コロナ対策設備など機能充実

 秋田県北秋田市宮前町に移転新築した子育てサポートハウス「わんぱぁく」の利用が始まった。多くの親子連れらが訪れており、子どもたちの元気な声が室内に響いている。

社説:全世代型社会保障 子育て支援、具体化急げ

 社会保障制度を支える現役世代が減る半面、高齢化で医療費や介護費などが増えている。岸田文雄首相を本部長とする政府の「全世代型社会保障構築本部」は、今後の改革方針を示す報告書を決定した。少子化を食い止め…

「みっしゅ」5カ月余で来館者1万人 三種の子育て交流施設

 秋田県三種町豊岡金田の子育て交流施設「みっしゅ」の来館者が18日、1万人を突破した。セレモニーが開かれ、1万人目となった森岳小6年の近藤哲(あきら)君(12)、同1年の匠真君(7)、森岳保育園の壮真…

男性の育休取得、経営者の理解が鍵に 生活、仕事に一層やりがい

有料会員向け記事

 原則として1歳未満の子どもを育てている人が取れる育児休業(育休)。国は男性の育休取得推進に向けた制度整備を進めている。県内では男性の取得に積極的な企業がある一方、「希望したが取れなかった」という声も…

託児や送迎、ファミサポを頼って 保護者の就労、後押しも

有料会員向け記事

 「通院時に子どもを預かってほしい」「保育園への送迎を頼みたい」。そんな時に頼れるのが、「ファミリー・サポート・センター」(ファミサポ)だ。県内では10市にあり、子育て世代をサポートしている。

社説:東由利の保育遊学 好環境生かし活性化を

 由利本荘市は県外の都市部に住む家族を対象に今秋、子育てと田舎暮らしを10日間程度体験してもらう「ゆりほん保育園遊学」を初めて実施した。移住を検討する家族もいるなど好評で、受け入れた東由利地域も交流を…

由利本荘市の新保育遊学事業が好評 子育てと田舎暮らし体験

 秋田県由利本荘市は本年度、県外在住者に子育てと田舎暮らしを体験してもらう新事業「ゆりほん保育園遊学」に取り組んでいる。10月には都内の親子4組が同市東由利地域を訪れ、伸び伸びとした保育環境を満喫。一…

大館市の「育ちの教室」、利用園児は年々増加 開始から10年、就学の不安にサポート

有料会員向け記事

 秋田県大館市が小学校での集団生活や学習に不安を抱える年長児を対象に実施する「育ちの教室 ぐんぐん」が開始から10年となった。少人数指導によって、発達が気になる子どもは学校生活への見通しを立てやすくな…

地方点描:おむつ持ち帰り[角館支局]

 この秋、仙北市内の保育施設でちょっとした変革があった。使用済み紙おむつの持ち帰りが廃止され、園で処分されるようになった。市立と民営計9園のうち、5園で既に始まり、残りも月内には園での処分に移行する予…

秋田市が「子育てLINE」運用開始 情報発信や悩み相談

 秋田市は、子育てや結婚支援などに関する情報をLINE(ライン)で受け取れる「秋田市子育てLINE」の運用を始めた。友だち登録した人に希望した内容の情報を随時配信し、手続きに関する問い合わせなどにも対…

井川町、物価高受け全世帯に給付金 子育て世帯に支援金も

 秋田県井川町議会は2日、臨時会を開き、電力や食料品価格高騰を受けた給付金事業などを盛り込んだ22年度一般会計補正予算案など3件を可決し閉会した。

地方点描:当たり前が魅力[能代支局三種町駐在]

 三種町の下岩川地区には、子どもを地域全体で育てるという風習が昔からあるらしい。

社説:里親制度 理解深め一層の普及を

 里親制度が県内で広がりつつある。虐待や経済的事情などを理由に親元で暮らせない子どものうち、里親の元で生活する割合を示す「里親委託率」は2021年度末時点で24・2%となり、初めて2割を超えた。10月…