イオン、有機食品600億円目標 物価高で逆風、安全訴え拡販へ

※写真クリックで拡大表示します
イオンの有機食品売り場=2日午後、千葉市
イオンの有機食品売り場=2日午後、千葉市

 イオンは2日、農薬や化学肥料を使わず栽培する有機食品の自社ブランドの売り上げを、2025年までに600億円に伸ばすと発表した。22年度の約3倍に相当する。物価高で家計への逆風が強まる中、価格は割高ながら自社農場や協力農家が「安全・安心」にこだわった品質の良さを訴え、販売拡大を目指す。

 対象は「トップバリュ グリーンアイオーガニック」で、目玉商品として23年9月に発売予定の「オーガニック牛乳」は537円、販売中の「平飼いたまご」は732円。イオントップバリュの土谷美津子社長は千葉市での説明会で「オーガニックへの興味が深くなり、ごく普通の方が買うように変わってきた」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料のみ)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。