柔道、原沢は初戦で小原と対戦 全日本選手権、斉藤は不出場

 全日本柔道連盟は28日、体重無差別で争う全日本選手権(4月29日・日本武道館)の組み合わせを発表し、2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級2位で18年以来3度目の制覇を目指す原沢久喜(長府工産)は初戦の2回戦で小原拳哉(パーク24)と対戦することになった。

 21年優勝の太田彪雅、20年覇者の羽賀龍之介(ともに旭化成)、前回3位の小川雄勢(パーク24)も2回戦から登場。いずれも原沢とは決勝まで当たらない。世界選手権(5月・ドーハ)男子100キロ超級代表で、昨年頂点に立った斉藤立(国士舘大)は出場しない。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。