障害者を虐待、最多2693件 21年度、通報義務が浸透

※写真クリックで拡大表示します
障害者虐待の件数
障害者虐待の件数

 厚生労働省は24日、2021年度に障害者が家族や福祉施設・事業所の職員から受けた虐待は2693件あり、被害者は2960人に上ったと発表した。20年度から293件、295人増えて過去最多を更新した。

 厚労省は増加の理由を「虐待の通報を義務化した障害者虐待防止法の施行から10年がたち、対応の重要性が広まったため」とみている。

 施設職員からの虐待は699件で、被害者は956人。件数の内訳を類型別(複数回答)でみると、暴力や拘束といった身体的虐待が56・8%と最も多く、暴言などの心理的虐待が42・2%と続いた。性的虐待は15・3%だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。