佐川が宅配便8%値上げ 燃料高騰、労働環境を改善

 佐川急便は27日、宅配便の運賃を今年4月1日から平均で8%値上げすると発表した。燃料価格の高騰への対応に加え、不足が懸念されるトラック運転手の労働環境の改善に充てる。値上げは2017年以来となる。

 主力の「飛脚宅配便」の値上げ率は、小型荷物が約10%、大型は約7%。「クール便」「飛脚特定信書便」「飛脚ラージサイズ宅配便」も料金を引き上げる。

 24年の残業規制強化で、物流業界では運転手が足りなくなる「2024年問題」が課題となっている。佐川は値上げ分を原資に、従業員の待遇を改善し、他社への委託料を増やすことで人手の確保を目指す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。