冬取りアスパラガス、ハウスで青々と成長 横手市で収穫盛期

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
青々と育ったアスパラガスを収穫する従業員
青々と育ったアスパラガスを収穫する従業員

 秋田県横手市清水町新田の農事組合法人「塚堀農事生産組合」のビニールハウスで、冬取りのアスパラガスが盛期を迎え、従業員が収穫に汗を流している。2月半ばまで続く見込み。

 生産したアスパラガスは横浜市の市場に出荷され、主に首都圏で消費される。冬のアスパラガスは希少で、高品質のものは1キロ3千円以上の高値で取引されるという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース