県内大学、起業する学生たちをサポート 連携して支援の場を設置

連載:若者のミカタ・起業する学生たち
有料会員向け記事

 学生の起業を大学などがサポートする動きも広がっている。昨年11月には秋田県内の国公立大4大学(秋田大、県立大、国際教養大、秋田公立美術大)と秋田高専が連携し、起業について学びたい学生向けのコミュニケーショングループ「秋田スタートアップガレージ」が立ち上がった。起業支援で大学同士が連携するのは初めてだ。

 ◇  ◇

 11月12、13日、スタートアップガレージのキックオフイベントとなる起業セミナーが秋田市文化創造館で開かれた。参加者は秋田大、県立大、秋田美大の学生計19人。秋田市出身で投資業を手がける「MTG Ventures(ベンチャーズ)」(名古屋市)社長の藤田豪さん(48)をはじめとした起業やマーケティングの専門家4人を講師に迎え、事業の立ち上げやビジネスモデルの考え方などを学んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース