アブラツノザメ、骨少なく食べやすい 高タンパクで低カロリー

連載:うめな!秋田の魚
有料会員向け記事

 灰色の細長い魚体にとがった鼻先。大きな目は見ていると引き込まれそう…。これからの時期、秋田県沖で水揚げされるアブラツノザメだ。沿岸部ではタラとともに冬の味覚として親しまれてきたが、調理法が分からず手を伸ばせずにいる人もいるかもしれない。県水産振興センター(男鹿市)の水谷寿所長(60)は「味が淡泊なのでどんな料理にも使える」と話す。

本県沖で取れたアブラツノザメ。背びれのとげと体表の白く丸い斑紋が特徴だ

 近年の本県沖での年間漁獲量は50~100トン(同センター調べ)。底引き網や刺し網で漁獲される。北太平洋全域に分布し、日本では主に東北や北海道の沖合で取れる。全長は大きいもので雄1メートル、雌1・2メートルを超える。成長が遅く、1メートルに達するまで少なくとも25年はかかるとされる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース