最強寒波、県内も大荒れ 25日も警報級大雪の可能性

 秋田県内は24日、強い冬型の気圧配置の影響で沿岸を中心に大荒れとなった。25日は暴風や大雪となる所があり、雪雲が予想以上に発達した場合、警報級の大雪となる可能性がある。秋田地方気象台は暴風雪による建物への被害や大雪による交通障害などに注意を呼びかけている。冬型の気圧配置は26日にかけて続く見通し。

 気象台によると、24日午後5時までの最大瞬間風速は秋田市23・2メートル、にかほ市19・8メートル、男鹿市18・6メートルなど。午後5時時点の最低気温は鹿角市八幡平で氷点下10度、北秋田市阿仁合は同7・5度、八峰町八森が同7・3度など。26観測地点のうち6地点で今季最低を記録した。

強い風雪をよけるように下を向いて歩く人たち=午前11時15分ごろ、JR秋田駅前

 秋田市消防本部と湖東地区消防本部によると、秋田市と潟上市で空き家の屋根や外壁のトタンが風にあおられて外れそうだとの通報が4件あり、消防本部が撤去したりくぎやロープで固定したりした。

 県内の一部の小中学校や高校では、下校時間を早めたり部活動を中止したりするなどの措置を取った。25日も県央部の高校など一部で休校を予定している。

 25日にかけて予想される最大瞬間風速は沿岸海上と陸上で30メートル、内陸で13メートル。同日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で内陸山沿い50センチ、沿岸山沿いと内陸平野部で40センチ、沿岸平野部で30センチ。

雪の中、速度を落として行き交う車=24日午前10時35分ごろ、潟上市飯田川の国道7号

辺りが白くなるような吹雪の中、寒そうに歩く人やライトをつけて走るトラック=24日午後0時40分ごろ、由利本荘市石脇

雪の中、ライトをつけて走る車や、傘を差す歩行者も見られた秋田市の広小路=24日午前9時ごろ(写真は一部加工)

大粒の雪が舞う中を走行する車=24日午前9時50分ごろ、由利本荘市中町

上着のフードをかぶったり、傘を差したりして歩く人たち=24日午前10時50分ごろ、秋田市中通

雪が降りしきる中、傘を差して歩く人の姿も見られた=24日午前10時40分ごろ、北秋田市阿仁銀山

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース