いよいよ受験シーズン!受験生、保護者の過ごし方は? 秋田市で塾運営・須合さんに聞く

有料会員向け記事

受験を控えて自習に励む高校生=秋田市桜のSTUDY HOUSEさくら教室

 私立高校の入試が6日から順次始まり、秋田県内は本格的な受験シーズンに入った。大事なこの時期、受験生と保護者はどのように過ごせばいいのか。秋田市桜と保戸野で学習塾「STUDY HOUSE」を運営し、子育てに関する著書がある須合啓さん(46)に心構えを聞いた。

「1点に踊らされず冷静に分析を」


 県内では6、7日に私立高校の推薦入試などが行われた。公立高校入試は今回から新しい制度がスタート。従来、1月に実施していた前期選抜を特色選抜に改め、3月の一般選抜と同じ日程で実施する。特色選抜と一般選抜を合わせた1次募集の試験日は3月7日。大学入試は今月14、15日に大学入学共通テストが迫っている。

 須合さんの塾では約100人が高校・大学受験を予定しており、本番を想定した問題演習に取り組んでいる。本番まであまり時間がないこの時期は、勉強する内容の優先順位を決めて取り組む姿勢が求められる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

関連ニュース

秋田の最新ニュース