ペア三浦、木原組が優勝 GPファイナルで日本勢初

※写真クリックで拡大表示します
ペアで優勝を果たした三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)=9日、トリノ(AP=共同)
ペアで優勝を果たした三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)=9日、トリノ(AP=共同)

 【トリノ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル第2日は9日、トリノで行われ、ペアで初出場した昨季世界選手権2位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が合計214・58点で日本勢初優勝を果たした。ショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位で、世界選手権覇者の米国ペアを抑えた。

 女子のジュニアは14歳の島田麻央(木下アカデミー)がSP、フリーともにトップの合計205・54点で2009年の村上佳菜子以来、5人目の日本人制覇。

 シニアのSPは世界女王の坂本花織が今季自己最高の75・86点で首位につけた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。