クロアチア、PK勝ちで準決勝へ 優勝2度のアルゼンチンも4強

※写真クリックで拡大表示します
PK戦を制し、勝利を喜ぶクロアチアの選手たち=9日、アルラヤン(FIFA提供・ゲッティ=共同)
PK戦を制し、勝利を喜ぶクロアチアの選手たち=9日、アルラヤン(FIFA提供・ゲッティ=共同)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)第18日(9日・アルラヤンほか)準々決勝が始まり、前回準優勝のクロアチアと、優勝2度のアルゼンチンがともにPK戦を制して準決勝に進出した。両チームは13日(日本時間14日)に顔を合わせる。

 クロアチアは6度目の優勝を狙ったブラジルと1―1で延長を終え、PK戦を4―2で制した。クロアチアは日本を下した決勝トーナメント1回戦に続いて2試合連続でPK勝ちした。

 アルゼンチンはオランダと延長を終えて2―2から突入したPK戦に4―3で勝ち、2014年大会以来の4強入りを果たした。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。