民主と人権活動のための賞 「戦争犯罪に裁きを」

※写真クリックで拡大表示します
9日、ノルウェーのオスロで記者会見する「市民自由センター」のマトイチュク代表(左)と「メモリアル」のラチンスキー代表(共同)
9日、ノルウェーのオスロで記者会見する「市民自由センター」のマトイチュク代表(左)と「メモリアル」のラチンスキー代表(共同)

 【オスロ共同】今年のノーベル平和賞に決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」(CCL)とロシアの人権団体「メモリアル」の代表らが9日、授賞式が10日に行われるのを前にノルウェーのオスロで記者会見した。CCLのマトイチュク代表は、受賞は「自由と民主主義のために戦ってきた人々と人権活動家のためのものだ」と評価した。

 ロシア軍が学校や病院など民間インフラの破壊を続けているウクライナ侵攻は、ロシアがシリアなどで続けてきた戦争犯罪が裁かれなかった結果起きたものだと指摘。ロシアのプーチン大統領は戦争犯罪を裁く国際法廷で「遅かれ早かれ裁かれる」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。