途上国債務返済8・5兆円 22年、中国向け66%占める

※写真クリックで拡大表示します
ワシントンにある世界銀行の本部=1月(共同)
ワシントンにある世界銀行の本部=1月(共同)

 【ワシントン共同】世界銀行は6日、国際開発協会(IDA)が支援する途上国の債務返済額が2022年に前年比35%増の620億ドル(約8兆5千億円)を超えるとの見方を示した。2国間債務返済額では中国への支払いが全体の66%に上ると指摘した。マルパス総裁は「途上国の債務危機は深刻化している」と強調した。

 途上国の21年末時点の債務返済額は462億ドルで、輸出による収入の10・3%に相当した。10年前の3・2%から大きく拡大したという。貸し手は中国やインド、サウジアラビアなどの割合が増えた。中国が2国間債務残高の49%を占め、10年の18%から大きく伸びた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。