化粧品復調もコロナ前半分 マスク影響か、民間調査

※写真クリックで拡大表示します
2022年の日用品売れたものランキング
2022年の日用品売れたものランキング

 調査会社インテージ(東京)は7日、2022年の日用品の売れたものランキングを発表した。昨年販売が苦戦した化粧品が外出機会の増加で復調気配を見せたものの、新型コロナウイルス禍前の半分程度の水準にとどまった。マスク生活の定着により女性の化粧習慣の変化が背景にあるとみられる。

 同社は、全国にあるコンビニやスーパー、ドラッグストアなど約6千店の1~10月の販売額を集計し、前年同期比で順位付けした。口紅は45%伸びて4位に入り、頬紅は14%増の12位だった。担当者は「マスクの下でも落ちない」といった新商品の普及も要因だと分析した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。