大谷、来季は中5日登板 勝ち星上積みに期待

※写真クリックで拡大表示します
報道陣の取材に応じる米大リーグ、エンゼルスのネビン監督=6日、米サンディエゴ(共同)
報道陣の取材に応じる米大リーグ、エンゼルスのネビン監督=6日、米サンディエゴ(共同)

 【サンディエゴ共同】米大リーグ、エンゼルスのネビン監督は6日、サンディエゴで、来季の大谷翔平の登板間隔は開幕当初から中5日にする方針を明らかにした。今季は前半戦は主に中6日、後半戦は中5日で登板して自己最多の15勝をマークしており、来季は勝ち星の上積みが期待できそうだ。

 同監督は「できる限り投げてほしい」と、フル回転でマウンドに登ることを期待した。移動日などの兼ね合いで他選手の先発予定日と重なった場合は、大谷の登板を優先させるという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。