東成瀬村の小規模水力調査へ民間申し出 村長が行政報告

会員向け記事

 秋田県東成瀬村議会は6日、12月定例会議を開会した。提出案件は22年度一般会計補正予算案など9件。会期は16日まで。

 備前博和村長は行政報告で県外の民間会社から、岩井川地区の合居川で小規模水力発電の可能性を探る調査を1年ほどかけて行いたいとの申し出があったことを説明。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース