県の旅行支援、割引率縮小し1~2月も実施 補正予算案19億円

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県は6日、県内を訪れた人の旅行代金を割り引く「『秋田へGo!』秋田を旅しよう(あきたび)キャンペーン」を1月以降も続けるための事業費19億6228万円を盛った2022年度一般会計補正予算案を発表した。国の全国旅行支援の一環で、旅行代金の割引率は現在の40%から20%に縮小する。7日、県議会に追加提案する。

 実施期間は来年1~2月。国は年末年始を全国旅行支援の対象外とする方針で、具体的な開始時期は今後決める。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース