藤原竜也、今年の漢字は「胃」 W杯日本代表をねぎらう

※写真クリックで拡大表示します
自ら書いた「胃」の文字について話す藤原竜也=東京都渋谷区
自ら書いた「胃」の文字について話す藤原竜也=東京都渋谷区

 俳優の藤原竜也が、東京都内で「明治プロビオヨーグルトLG21」の商品リニューアル発表会に登場。藤原は最近、胃の負担を和らげたいと思ったことを司会者から問われると「サッカーじゃないですか」と直前まで観戦していたサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本対クロアチア戦を振り返った。

 小学校時代はサッカー漬けだったという藤原。日本代表の活躍ぶりに「胃の負担と言ったら失礼ですね」としつつ、「選手は残念がっていましたけど、僕らは感謝の気持ちを伝えないといけないぐらい、すてきな試合をしてくださった。胸を張って帰って来てほしい」とねぎらいの言葉を語った。

 今年を表す漢字一文字を書く場面では、勢いよく「胃」と揮毫。明治の「胃識マネジャー」を務め、胃の知識を深めた年だったという。

 藤原は「今年の漢字はこれしかない。胃が心身のバランスを保っていることを知り、胃を大切にすることで自分らしく前向きに過ごしていけると学びました」と商品の特性に掛けて話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース