厚さ3ミリの「さなづら」を食パンにのせて 榮太楼が新商品

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
食パンの上にのせた新商品の「パンのせヤマブドウ」
食パンの上にのせた新商品の「パンのせヤマブドウ」

 菓子舗榮太楼(秋田市)は、同社看板商品の「さなづら」を薄くスライスし、食パンと合わせて食べることを想定した「パンのせヤマブドウ」を発売した。

 さなづらはヤマブドウを搾って砂糖などを加え寒天で固めたもので、甘酸っぱい味が特徴。通常は厚さが5ミリほどあるが、新商品では3ミリまで薄くし、食パンにのせてちょうど良いサイズ(縦7センチ、横7・8センチ)にした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース