ウルグアイ、TPP加盟申請 周辺国は違反と警告

 【サンパウロ共同】南米ウルグアイは1日までに、環太平洋連携協定(TPP)加盟への申請を行った。ラカジェポー大統領がツイッターで明らかにした。

 一方、同国と南部共同市場(メルコスル)を構成するブラジル、アルゼンチン、パラグアイの3カ国は反発。単独での申請はメルコスルの規定に違反するとして、単独申請の場合は法的措置を含む対応を検討すると警告した文書をウルグアイに送っていた。

 ウルグアイのブスティジョ外相がTPP事務局のニュージーランドに申請書類を提出した。

 ラカジェポー氏はTPP加盟により「国、国民にとって、より多くの機会をもたらす」とツイッターに記した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。