富山のこども園で虐待疑い 閉じ込めか、県警捜査

 富山市の認定こども園「本郷町保育園」で、職員が園児を閉じ込めるなどの虐待行為をしていたことが1日、市関係者らへの取材で分かった。富山県警も問題を把握し、暴行容疑などでの書類送検を視野に捜査。市も処分を検討している。

 風間宣夫園長は共同通信の取材に「不適切な保育があったのは事実だ。捜査に協力しており、詳細は言えない」と話した。

 市関係者らによると、複数の職員が虐待に関与した疑いがある。大きなけがをした園児はいない。9月に市へ情報提供があり、県警に相談した。約1年前にも同様の情報提供があり、市が調査したが、問題行為は確認できなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。