中国、コロナ制限緩和が基本方針 「民衆に配慮」と駐日大使

※写真クリックで拡大表示します
インタビューに答える中国の孔鉉佑駐日大使
インタビューに答える中国の孔鉉佑駐日大使

 中国の孔鉉佑駐日大使は1日、東京都内で共同通信の単独インタビューに応じ、中国で新型コロナ対策への反発が拡大していることについて「民衆の訴えに政府として注意深く配慮し、対策の最善化を図る」と述べ「(制限)緩和の方向が基本方針」と強調した。10月に3期目の習近平指導部が発足後、日本メディアのインタビューに応じたのは初めて。

 孔氏は、日中間の人的往来は「個人的な見方だが、そう遠くない将来に本格的に回復する段取りになると信じている」と述べ、近く本格再開することに強い期待感を示した。新型コロナ流行下で民間交流や食品輸入禁止措置の交渉などが停滞したと指摘した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。