山下さん審判員選出「誇らしい」 日本協会の扇谷委員長が評価

※写真クリックで拡大表示します
ベルギー―モロッコ戦前にベルギーのE・アザール(左)と握手する第4の審判員の山下良美さん=11月27日、ドーハ(ゲッティ=共同)
ベルギー―モロッコ戦前にベルギーのE・アザール(左)と握手する第4の審判員の山下良美さん=11月27日、ドーハ(ゲッティ=共同)

 【アルラヤン共同】日本サッカー協会審判委員会の扇谷健司委員長は1日、山下良美審判員が6度目の第4の審判員に選ばれたことについて「6試合も指名されていない人もいる。誇らしい」と述べた。第4審判は、主審が負傷などで続行不可能となった場合、代わって主審を務める任務も持つ。扇谷委員長はワールドカップ(W杯)を視察して帰国。共同通信のオンライン取材に答えた。

 山下審判員は1日までに主審の割り当てはないが、扇谷委員長は「この雰囲気、緊張感は経験しないと分からないし、W杯審判員に選ばれないと経験さえできない」と成果を強調した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。