ロシア爆撃機が中国入りか 共同飛行終え、日本海北上

※写真クリックで拡大表示します
東京・市谷の防衛省
東京・市谷の防衛省

 防衛省統合幕僚監部は1日、ロシアのTU95爆撃機とみられる2機が11月30日夜、対馬海峡を通過し、東シナ海から日本海へ飛行したと発表した。この2機は11月30日に中国の爆撃機と共同飛行した後、中国国内に一時着陸し、帰国のため北上したとみられる。一方で中国の爆撃機は、ロシア国内に着陸したという。防衛省は、中ロ両国の連携強化を示す行動だとみて、警戒している。

 防衛省が把握しているロシア側の発表では、中国のH6爆撃機2機は11月30日午前、東シナ海から日本海へ移動し、その後ロシアに着陸した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。