ジャッジに414億円提示 今季所属のヤンキース

※写真クリックで拡大表示します
10月4日、ア・リーグ新記録となる62号本塁打を放ったヤンキースのジャッジ(USAトゥデー・ロイター=共同)
10月4日、ア・リーグ新記録となる62号本塁打を放ったヤンキースのジャッジ(USAトゥデー・ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグのヤンキースが、今季ア・リーグ新記録の62本塁打を放ち、最優秀選手(MVP)に輝いた外野手ジャッジに対し、8年総額3億ドル(約414億円)規模の契約を提示したと11月30日、スポーツ専門局ESPNが伝えた。30歳のジャッジはワールドシリーズ終了後にFAになった。

 1年平均3750万ドルで契約すれば、エンゼルスの外野手トラウトを抜き、野手では史上最高額。

 ジャッジは今季157試合の出場で打率3割1分1厘をマークし、131打点もリーグトップだった。開幕前、ヤンキースからの7年総額2億1350万ドルの契約延長には合意しなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。