米、12月にも利上げ幅縮小 FRB議長が講演で表明

※写真クリックで拡大表示します
米ワシントンにある連邦準備制度理事会(FRB)本部=2月(共同)
米ワシントンにある連邦準備制度理事会(FRB)本部=2月(共同)

 【ワシントン共同】米FRBのパウエル議長は11月30日の講演で「利上げペースを減速するのは、早ければ12月の会合になるかもしれない」と述べ、12月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)で決める政策金利の上げ幅を前回の0・75%から縮小する可能性に言及した。市場関係者は、0・5%の利上げを決めることを有力視している。現在3・75~4%の政策金利のピークは「9月時点予想(の4・6%)より高くする必要がある」との考えを改めて示した。

 物価上昇率は「依然として高すぎる」としながらも、10月の物価上昇率が市場予想より小さかったことは「歓迎すべきことだ」と表明。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。