地方点描:街の独自性[社会部秋田市担当]

会員向け記事

 今年開館した秋田市のあきた芸術劇場ミルハスの設計業者は2017年4月、応募5団体による公開プレゼンテーション審査で決まった。そのプレゼンで、ある応募団体の代表者の男性が話した内容が印象に残っている。

 建築家であるその男性は劇場の設計方針を考えるに当たり、県外から秋田市を訪れて街をよく観察したという。秋田空港から市中心部に車で移動する際、目にしたのは幹線道路沿いの大型商業施設やチェーン店ばかりだったとし「似た風景が日本中にある。画一的で無個性で、ここが秋田か別の街か分からなかった」と指摘した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース