救急車が民家軒先に接触事故、湯沢雄勝広域消防本部 搬送7分遅れる

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 30日午後5時35分ごろ、秋田県湯沢市清水町2丁目の市道で、湯沢雄勝広域消防本部の30代救急隊員の運転する救急車が30代男性宅に向かう途中、民家の屋根の軒先にぶつかった。男性は別の救急車で市内の病院へ7分遅れで到着したが、容体に影響はなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース