「7試合勝つために来た」 スペイン監督、日本警戒

※写真クリックで拡大表示します
日本戦を前に記者会見するスペインのルイスエンリケ監督=30日、ドーハ近郊(ゲッティ=共同)
日本戦を前に記者会見するスペインのルイスエンリケ監督=30日、ドーハ近郊(ゲッティ=共同)

 【ドーハ共同】12月1日(日本時間2日早朝)に1次リーグE組最終戦で日本と対戦するスペインのルイスエンリケ監督が30日、記者会見し「われわれは7試合勝つためにここに来た」と頂点への意気込みを力強く語った。

 初戦でコスタリカに大勝し、第2戦はドイツと引き分けて勝ち点4で首位。日本戦は引き分けでも1次リーグ突破が決まるが、負けると敗退の可能性がある。監督は「鎌田や久保らはトッププレーヤー。苦戦するかもしれない」と警戒した。

 スペインは昨夏の東京五輪準決勝で日本と対戦し、延長の末に1―0で勝利。GKシモンは「前回と同じような試合を予想している」と語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。