フリック監督「全力尽くす責任」 コスタリカ戦に臨むドイツ

※写真クリックで拡大表示します
28日、スペイン戦の後半、試合を見守るドイツのフリック監督=アルホル(共同)
28日、スペイン戦の後半、試合を見守るドイツのフリック監督=アルホル(共同)

 【ドーハ共同】12月1日(日本時間2日早朝)の1次リーグE組最終戦で、16強入りを懸けてコスタリカと対戦するドイツ代表のフリック監督が30日、ドーハ近郊で記者会見し「自信を持って臨む。ピッチで全力を尽くすのがわれわれの責任だ」と気合を入れた。

 ドイツは初戦で日本に敗れた後にスペインと引き分け、ここまで勝ち点1。決勝トーナメント進出には勝利が最低条件となり、勝ち点3のコスタリカは引き分けでも進出の可能性がある。フリック監督は「相手は守備を固めてくるだろう。非常に難しい試合になる」と警戒した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。